VS TG・OUTSIDER

試合日:2018/12/15

TG・OUTSIDER000201035
BRONZE011010475

責任投手/本塁打

勝利投手関屋
敗戦投手鈴木
セーブ
本塁打難波(2) 田村

戦評

2018/12/15 熱田愛知時計120スタジアム

プライドジャパン甲子園大会2018 全国大会準決勝

BRONZE(東海地区代表) -VS- TG・OUTSIDER(関東地区代表)

                        3                               -                            3

                        4                               -                            0     (特別延長)

 

興奮の甲子園から1週間。

舞台は名古屋市熱田区へ…

準決勝・決勝は良くも悪くも熱田球場。

ホームであるはずのBRONZEは、日程の折り合いがつかず

主力を何名か欠いた状態で試合に挑む事となる。

 

まず最初にゲームが動いたのは2回。

シーズン終了間近にようやく当たりが戻った主砲難波が、

関東ナンバーワン左腕の自慢のストレートを簡単にレフトスタンドまで運び先制。

 

次の回にも得点を重ね、試合を優位に運べるかと思いきや

さすが全国大会。流れ度外視のシーソーゲームとなる。

 

時間の影響で突如7回から特別延長へ突入する。

困った時はこの男が幾度となく助けてくれた今シーズン。

ここもやはり気持ちの強さで関屋が0点で切り抜ける。

 

するとその裏BRONZEは、一番頼れるバッター長棟からの攻撃

まさかの…

サードゴロで2アウト。

 

しかしその後に控えていたのは主砲難波

普段通りしっかりと球を見極めカウントが出来上がる。

関東ナンバーワン左腕が選んだウイニングショットは変化球

迎え撃つ難波は”神速のインパルス”の対応でアジャスト

打球は左中間へ

フェンスギリギリを守っていたレフトが一旦捕球体勢に入るも

そこからさらに打球が伸びスタンドイン。

 

逆転サヨナラ満塁弾で試合を決めた。

 

 

 

 

Copyright© 2019 BRONZE All Rights Reserved.